HOME>アーカイブ>どのような投資法を選ぶかは状況によって決まります

売却時の状況想定を

スーツの女性

新築アパート投資をする際には、まず出口戦略を立てる必要もあります。新築アパートなどの収益物件の購入を考える時は、その収益物件が売却しやすい場所にあるかを考えるのが大切です。都市部の駅周辺などは賃貸への需要が高くて、投資家が収益物件を好んで購入しますので、売却が比較的しやすくなります。土地価格の変動にも収益物件の売却のしやすさは影響されます。土地価格が上昇している地域は不動産への需要が高くて売却がしやすいです。新築アパート投資で家賃収入を得る時は、そのアパートは新築ですが売却する時は中古のアパートとなります。売却額を少しでも高くするには、建物の状態の維持に努める必要があります。

どのような利点があるか

新築アパート投資をする際には、設備について考える必要があります。同じ新築アパートといっても間取りは異なりますし、設備も異なります。新築アパートの間取りはシンプルであることが求められ、家賃が安い方が人気となります。こうした状況下で他の物件と上手く差別化を図るには、省エネ機能が高い設備をアピールすると良いです。節水機能が高いトイレですと、水道代を抑えることもできます。照明がLEDですと電気代がお得となり、毎月の光熱費を抑えられます。

長期的な計画を

新築アパート投資をする時は、家賃収入と売却価格の想定をする必要があります。家賃収入は空室率に大きく影響されますので、家賃収入を安定化させるにはアパートの魅力を上手く発信して空室率を抑える必要があります。入居者の募集をする時は管理会社を通じて行うことが多いです。宣伝力がある管理会社に依頼すると、入居者を見つけやすくなります。新築アパート投資をする際には管理会社の選定がとても大切になり、長期的な管理計画を上手く立ててくれる管理会社を上手く見つけるのが重要です。

広告募集中